TOPへもどる  
オークションとは
 
ショップ・フリーマーケットとは違うんです

欲しいモノがショップで見つからない。身近にショップがない。そんな思いをしたことがありませんか?
貴方の探している品物を提供してくれる人がいます。お家に不要なモノが眠っていませんか?
使えても自分には必要ないからと捨てていませんか? その品物を必要としている人がいます。
それが、オークションという場です。オークションを生活の一部に取り入れて、スマートなライフスタイルを築きましょう。
 
□ オークションを利用して無駄を減らそう
コスト管理の優れた会社は不要なモノを持ちません。なぜなら、不要なモノを保有するだけで保管のための費用が発生するからです。家庭の不要品には保管のための費用はかからないのでは?いいえ、かかります。その品物を売却して利益を得る機会を失っています。また、その不要品があるために、そのスペースを有効に利用する機会を失っています。難しくいえば、機会(損失)コストが発生しています。

折角足を運んだのに、欲しいモノがショップにない。こんな経験をされたことはありませんか?この時も、貴方は機会コストと交通費という費用を支払っています。これらの隠れた費用を意識することがスマートな生活者になるための第一歩です。そして、オークションを利用することによりこれらのコストを削減し、生活の効率化をはかることができます。
□ オークションはショップ、フリーマーケットとどう違う?
ショップでは買値、売値ともほぼ固定されています。フリーマーケットでは交渉により価格が多少下がることがありますが、オークションのように複数の買い手が競って価格を上げるなんてことはありません。オークションではショップ、フリーマーケットと比較して価格の変動率(ボラティリティ)が大きくなります。従って、意外な高値で売れるということが起こります。

オークションにはショップやフリマにはない様々なメリットがあります。

買い手にとって:圧倒的な品数、世界中から品物を入手可能、価格の安さ、検索の容易さ、価格の比較の容易さ、24時間ショッピング可能 など

売り手にとって:圧倒的な参加者数、世界中に買い手がいる、リサイクルショップで買取をしてもらえない物でも売れることがある、意外な高値がつくことがある、24時間販売可能 など
□ リスクについて
一般の商取引と同様に、オークションにおける売買にもリスクが伴います。

@ 詐欺
A 輸送中に発生する破損・紛失
B 説明と商品が異なる
C 商品に欠陥がある 等

小さなものも含めれば、トラブルに遭遇する割合は、50件に1件とも、100件に1件とも言われています。従って、オークションではトラブルに遭うことがあるということを前提にして、その確率を下げることが重要になります。

※バイクde Bun Bunでは、取引相手の信用度に問題があると判断した場合に取引を中止する等、お客さまをトラブルから守るために独自の努力をしています。しかしながら、お客さまがトラブルに遭遇した場合の責任を負うことはできません。また、その時にお客さまが被った損害を補償することもできません。お客さまご自身の責任においてリスクを正しく理解し、オークションにご参加いただきますようお願い申し上げます。
 
 
 

All contents copyright 2005 バイクde Bun Bun 千葉県公安委員会 第441290000357 古物商許可書