第4回One by Oneアワード・キッズ個人賞受賞 東田直樹

■著者紹介■
東田 直樹(ひがしだ なおき)
千葉県君津市在住
1992年千葉県君津生まれ。1999年君津市立小学校に入学。
2001年「未来の夢」コンテスト(神戸市主催)ゆめ作文小学校低学年の部大賞。
2002年おはなしエンジェル子ども創作コンクール優秀賞。
第38回全国児童才能開発コンテスト佳作賞。
2004年第4回グリム童話賞大賞。同年千葉県立君津養護学校小学部6年生へ編入。
おはなしエンジェル子ども創作コンクール最優秀賞。
2005年第5回グリム童話賞大賞。千葉県立君津養護学校中学部入学。
2007年第4回One by One アワード・キッズ個人賞受賞。
■著書紹介■
自閉症の僕が飛びはねる理由
自閉症の僕が飛びはねる理由 東田 直樹 著
1,680円(本体+税)
A5版 176頁

千葉県立君津養護学校中学2年の著者が自閉症について
「どうして目を見て話さないのですか?」
「手のひらをひらひらさせるのはなぜですか?」等50以上の質問に答えます。
巻末には短編小説「側にいるから」を掲載します。この小説は著者の家族に対する愛情に満ちあふれた内容です。

(出版社エスコアール著書紹介文より抜粋)

この地球(ほし)にすんでいる僕の仲間たちへ
この地球(ほし)にすんでいる僕の仲間たちへ 東田直樹 東田美紀 著
1,995円(本体+税)
A5版 129頁 DVD付き

この本は、昨年9月に出版された絵本「自閉というぼくの世界」の2作目にあたります。
自閉という障害のために困っていることや悩みなどを千葉県君津市に住む養護学校中学1年の東田直樹が、自分の体験を元に書き上げました。
今回の本は、自閉という障害を持つ著者が一般の人に向けて書いたばかりでなく、同じ障害を持つ仲間たちへのメッセージでもあります。
本文では・飛び跳ねる理由・急に動き回ること・筆談とコミュニケーション・僕らのしてほしいこと・僕のこれまで等々、障害を持つ本人でなければ分からないようなことについても書いています。
後半は、母親が子育ての記録や、障害を持つ子どもの親としての思いを書いています。
本人のパソコンでの執筆風景や、本人が自閉という障害がよく分かるような映像を収録したDVDも付属しています。
この本は、自閉児が自分の障害のことを書いた文章であり、国内でも数少ない本です。

(出版社エスコアール著書紹介文より抜粋)

自閉症という僕の世界
自閉症という僕の世界 なおき・作  井村禮子・絵
1,680円(本体+税)
B5版 36頁

自閉傾向と診断された「なおき」が、小学3年生の時に書き上げた作文を、絵本にしました。
「なおき」が、自閉という障害で、どんなに困っているか、どんな思いでいるのか等ひしひしと伝わってくる絵本です。
「自閉」児に関わるすべての方々や保護者の方々にお勧めします。
「自閉」という障害を持つ友達のいる小・中学生にもお勧めします。

(出版社エスコアール著書紹介文より抜粋)

出版:株式会社エスコアール(www.escor.co.jp


■御購入方法■
店頭での販売に加え、メール便(銀行振込)・宅急便(代引き)での販売も承っております。
ご注文ご希望の場合にはお問い合わせ又はお電話にて御気軽にお尋ね下さい。
■発送方法&送料■
メール便(銀行振込):送料無料
宅急便(代引き):計額¥20,000以上のご注文を頂いた場合には、
送料及び代引き手数料を無料サービスとさせて頂きます。

ご質問・ご注文はお電話・お問い合わせフォームより御気軽にお尋ね下さい。

まちの本屋TOPへ戻る


君津市立中央図書館 国立国会図書館 うらべ書房 株式会社 エスコアール 集英社・小学館・祥伝社・白泉社・照林社・小プロのオンラインショップS-Book.com